2019年5月28日火曜日

大相撲・朝乃山の優勝

勝負というものは、最後は「運」で決まる。朝乃山は5月場所において、12勝3敗で優勝した。その12勝のうち、2つは物言いがつき、親方衆の協議の結果「勝ち」となった。

特に栃ノ心との相撲では本当は負けていたものを、どう言う訳か物言いがついて「勝ち」となった。運の悪い時では2回とも「負け」となり、10勝5敗となって優勝はできなかったはずなのだ。

この朝乃山の今年の運は、ステイタスポイントとエンディングポイントの二つの結果運が出ている。ステイタスポイントは、自他ともに名声を上げ、成果を上げる運であり、エンディングポイントは受賞に縁のある吉運で人気運でもある。月運を眺めてみると、3月場所はストレス運となっており成績は悪い。5月場所は一筋縄ではいかないが、最後には勝ち取れる運、7月場所は成果大の運、9月場所は優勝間違いなしの運となっている。

運の良い時には勝負するタイミングが、上記のように吉運にあたるのである。運の悪い時はその逆で、巡りが悪くなるものだ。令和時代初の優勝、しかもアメリカ大統領杯まで受賞してしまう。さらに安倍総理から直接授与される。人気もアップする。いうことなしである。

勝負事はすべてといっていいほど「運」が握っている。つまり吉運に勝負することになるのかどうかで決まる。来年、東京オリンピックが開催されるが、選手の泣き笑いを見ることになる。いくら努力しても、勝てない時は勝てない。勝つ時は勝つのだ。「運」を知って勝負することだ。勝ちたければ「運」が味方するように作戦を立てよ。

なお、朝乃山は、一般的な、サラリーマン的な世界には全く向かず、自分の好きな道一本で人生を進めば成功できる命である。決めた道には頑固で、一途に貫くことができる。また人から可愛がられる運ももっている。チームワークを必要とするスポーツではなく、一人で戦うのがよい。2025年までの運気はそれほど良いものではないが、年度によっては吉運が訪れ上昇できる。

とにかく、勝った時、運が良い時は人間自信がみなぎり、カッコいいものだが、負けた時、運の悪い時は、自信を失い、カッコ悪い姿になってしまいがちだ。運を大事にしよう。運を知って勝負しよう。運とは「時」であり、「時」とはタイミングでもあり、間合いでもあり、期間、期限、リズムでも、ローテーションでもある。また運とは「道」でもあり、自分にあった道を歩かねば吉は少ない、いい出会いも少ないのだ。

2019年5月22日水曜日

令和元年・伊勢会春季教養セミナーの模様

5月21日に開催された「 令和元年・伊勢会春季教養セミナー」の模様です。

荒天にも関わらず多くの方が参加されました。



NHKラジオ第2の「私の日本語辞典」に竹林先生が出演します

令和元年・伊勢会春季教養セミナーで講演して頂いた竹林先生がNHKラジオ第2に出演します。

6月1日から毎週土曜日(日曜日再放送)全5回の放送になります。

※6月4日追加情報
 聞き逃した方は7月末まで以下のページで聞くことができます。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0972_01

NHKラジオサイト
https://www4.nhk.or.jp/nihongojiten/

私の日本語辞典「先人が遺した治水の名言に学ぶ」
富士常葉大学名誉教授…竹林征三
【アナウンサー】秋山和平

NHKラジオ第2放送
放送日(土)2019年6月1日、8日、15日、22日、29日
再放送(日)2019年6月2日、9日、16日、23日、30日



2019年4月26日金曜日

【伊勢会アーカイブ】あなたのチャンスの時を知ろう―沖運

●「沖」(ちゅう)の運について
世間では、空亡運といって、大殺界とか、天中殺とか、ゼロ地点と言われている吉凶星が有名であるが、四柱推命学ではその空亡運より最も重要で、強い作用をする吉凶星の一つが「沖」の運である。

この「沖」運のことを、これまた暗剣殺とかいう名称を使ったりして、恐ろしいもの、不運なものとして説明されている場合も多い。これは誤りだ。

伊勢流陰陽五行学では、この「沖」運は「チャンス」のタイミング、と考えている。「沖」という字は、衝突、変動という意味なのだが、実際、伊勢会の会員さん達はこの沖の時に結婚をしたり、新築したり、転居したり、大ヒット商品を出したり、ヒット曲を出したりしている。

すなわち、この衝突というのは、交通事故、大けが、大げんか、ということよりも、よい意味でのショックを受けたことによって、新たなものを得る、という解釈の方が的を得ているわけである。新たな発見、新たな方向を見いだすための「きっかけ」「動機」「ショック」が起きる時ということなのだ。

たとえば、二人の人間関係において、いくら長いつきあいであっても、お互いに何らの意見の衝突もしなかったとか、二人にとって重要な出来事、事件も起きたことがなければ、二人の間には深い、真実の相互理解ができない。いくら短いつきあいでも、二人の間に本気のぶつかりあいがあった、二人ともに重い出来事に遭遇してこそ、ほんとうの相手の気持ちや姿、自分の気持ち、姿を見ることができる訳だ。このように、沖の運というのは、奥に潜んで、普段は見えない内心、可能性を外に表出してくる時と捉えてよい。

例を示すと、1942年7月28日生の男性の場合。
この人は、壬午日の生まれである。壬は陽の水といって、この陽水の壬は午(うま)と結びつくと、財も名声地位も上がる可能性を持った人ということになるのである。しかし、あくまでもそれは「可能性のある」人ということであって、必ずそうなるというのではない。

「時」が来なければダメである。「午」というのは「子」という運が来ると「沖運」となる。この人の場合、その沖運が43才からやってきた。この時点からこの人は大発達をした。財も得、名声も得た。その時は、思わぬ事件、出来事、出合いであったはずのものが、自然に「それがきっかけ、はずみ」となって一気に上昇した。それが「沖運」の作用である。

このように、今起きていることは意味があるから起きているのであり、必ず将来をよくするための作用であるので、チャンスと捉えるべきである。「雨降って地固まる」というように、衝突や口論があるからこそ、お互いが成長できる訳である。

何かの出来事に遭遇するからこそ、本当の自分が判るのである。そして本当の相手の気持ちも掴める。沖運は、内側に隠れていたものを、外に示してくれる作用であると理解してよい。

・あなたの沖運
以下に沖運を示してみよう。

子年生まれまたは12月生まれ、子の日生まれの人は「午」(うま)が、
丑年生まれまたは1月生まれ、丑の日生まれの人は「未」(ひつじ)が、
寅年生まれまたは2月生まれ、寅の日生まれの人は「申」(さる)が、
卯年生まれまたは3月生まれ、卯の日生まれの人は「酉」(とり)が、
辰年生まれまたは4月生まれ、辰の日生まれの人は「戌」(いぬ)が、
巳年生まれまたは5月生まれ、巳の日生まれの人は「亥」(い)が、
午年生まれまたは6月生まれ、午の日生まれの人は「子」(ね)が、
未年生まれまたは7月生まれ、未の日生まれの人は「丑」(うし)が、
申年生まれまたは8月生まれ、申の日生まれの人は「寅」(とら)が、
酉年うまれまたは9月生まれ、酉の日生まれの人は「卯」(う)が、
戌年生まれまたは10月生まれ、戌の日生まれの人は「辰」(たつ)が
亥年生まれまたは11月生まれ、亥の日生まれの人は「巳」(み)が、

「沖」運である。

これをチャンスと捉え、大胆に本気、本音で行動すればよい。あとは天が運んでくれる。「沖」は、「動いて吉」だ。その時だけは不安を抱かせるような気配だが、どんどん運気上昇していく。

2019年4月11日木曜日

令和元年・伊勢会春季教養セミナー

風土を知ろう。
美を知ろう。
運を知ろう。

令和元年・伊勢会春季教養セミナー

伊勢会陰陽五行研究所・会長、伊勢瑞祥師と風土工学デザイン研究所理事長・竹林征三氏との抱腹絶倒のトークバトル。180度違う世界の両横綱があなたの知性と感性さらには美意識をくすぐります。

○テーマ
数字「五」の不思議、美の要素と法則、美のいろいろ、木火土金水とは何か、魅力的とは、風土工学対伊勢流陰陽五行学の勝負の行方、など。

○日時
令和元年5月21日(火)11:30~14:00(休憩20分あり)

○場所
ビズスマート代々木ミーティングルーム
(参加人数によっては場所が変わる場合があります)

○費用
一万円(ドリンク、菓子含む)

リラックスしながら、最高度のお話しを聞きましょう。他では知ることのできないお宝話のオンパレードです。このチャンスを逃がさないで。来ていがった、と思うよ。

★申込お問い合わせはこちらから★